皮膚科専門外来
 
2013年1月より皮膚科専門医・村山先生による皮膚科専門外来を開始しました。
日時:第1、第3月曜日
9:00 ~ 12:00(予約制)
10月より第1, 第3月曜日の午前のみの診察に変更になります。
1日に診察できる件数が限られるため、ご予約のお時間の遅刻はキャンセル扱いとさせていただきますので、あらかじめご了承下さい。

村山 信雄(むらやま のぶお)

・獣医学博士
・アジア獣医皮膚科専門医

【略歴】

・平成6年3月
帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業
その後小動物臨床を経験

・平成17年4月
ASC皮膚科勤務

・平成24年10月
犬と猫の皮膚科設立 現在に至る

【役職】

・日本獣医皮膚科学会理事

【褒賞】

・日本獣医皮膚科学会優秀論文
(平成20年)

・第13回日本獣医皮膚科学会学術大会優秀ポスター
(平成21年)

【既発表学術論文】


A case of superficial suppurative necrolytic dermatitis of miniature schnauzers with identification of a causative agent using patch testing
Murayama, N., Midorikawa, K. and Nagata, M. Veterinary Dermatology 2008: 19; 395 - 399.
Efficacy of weekly oral doramectin treatment in canine demodicosis.
Murayama, N., Shibata, K. and Nagata, M. Veterinary Record
2010: 167; 63 - 64.
Comparison of two formulations of chlorhexidine for treating canine superficial pyoderma
Murayama, N., Nagata, M., Terada, Y., Shibata, S. and Fukata, T. Veterinary Record
2010: 167; 532 - 533.
Efficacy of a surgical scrub including 2% chlorhexidine acetate for canine superficial pyoderma
Murayama, N., Nagata, M., Terada, Y., Shibata, S. and Fukata, T. Veterinary Dermatology
2010: 21; 586 - 591.
Dose assessment of 2% chlorhexidine acetate for canine superficial pyoderma
Murayama, N., Terada, Y., Okuaki, M. and N., Nagata, M. Veterinary Dermatology
2011: 22; 449 - 453.
In vitro antiseptic susceptibilities for Staphylococcus pseudintermedius isolated from canine superficial pyoderma in Japan
Murayama, N., Nagata M., Terada Y., Okuaki M., Takemura N., Nakaminami H., Noguchi N. Veterinary Dermatology Accepted in press.

犬のBlack hair follicular dysplasiaの1例
村山信雄, 髙橋奈尚子, 古岡秀文, 北村延夫, 樋詰俊章. 日本獣医師会雑誌
2003: 56; 391 - 394.


テトラサイクリンとニコチン酸アミドの併用療法を行ったIdiopathic Sterile Granuloma and Pyogranuloma の犬2例
村山信雄, 髙橋尚子, 樋詰俊章. 獣医臨床皮膚科
2003: 9; 127 - 130.


エアデール・テリアの1家系に生じた再発性けん部脱毛症
村山信雄, 髙橋尚子, 樋詰俊章, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2005: 11; 1 - 4.


全身性エリテマトーデスが疑われた猫の1例
村山信雄, 髙橋尚子, 樋詰俊章. 獣医臨床皮膚科
2005: 11; 61 - 64.


ミニチュア・ダックスフンドにみられた皮膚エリテマトーデスの1例
村山信雄, 渡部英徳, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2006: 12; 87 - 90.


キャバリア・キングチャールズ・スパニエルにみられた亜鉛反応性皮膚症の1例
村山信雄, 田村一朗, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2006: 12; 157 - 159.


幼少時より認めたFeline Ceruminous Cytomatosisの1例
村山信雄, 榊原一夫, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2006: 12; 239 - 241.


栄養失調に起因した猫後天性皮膚脆弱症の1例
村山信雄, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2007: 13; 91.


淡色被毛犬の再発性けん部脱毛症で認められた褐色被毛の新生
村山信雄, 笹木稔也, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2007: 13; 207.


いわゆる食物関連性リンパ球性毛包上皮炎に合致した猫の1例
村山信雄, 渡邉智子, 石川洵, 代田欣二, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科 14; 139 - 142.


非感染性の膿疱症が疑われたもののホスホマイシン投与後に皮疹の改善を認めたバーニーズ・マウンテン・ドッグの1例.
村山信雄, 西藤公司, 伊從慶太, 吉村正幸, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2009: 15; 135 - 140.


犬のマラセチア皮膚炎における2%硝酸ミコナゾール・2%グルコン酸クロルヘキシジンシャンプー(MalasebTM)の効果;無作為化試験者盲検比較試験
村山信雄, 永田雅彦. 獣医臨床皮膚科
2010: 16; 125 - 132.